メイン画像

  • TOP
  • ご挨拶
  • 診療案内
  • 検査案内
  • 理学療法
  • 病気の話

肺炎球菌ワクチン

肺炎球菌ワクチンのご案内(65歳以上の方対象)

肺炎球菌とは…

体力が落ちていたり、高齢によって免疫力が弱くなってくると、肺炎球菌は病気を引き起こします。
肺炎球菌は家庭内で起こる肺炎の第1位で、かかると重症化しやすい、恐ろしい菌です。

事前に予防することが大切

肺炎をはじめとする、さまざまな病気から体を守るためには、外出後のうがいや手洗いなどが大切です。
また、天気の良い日に日光浴をしたり、適度な運動や入浴をするなど、体を清潔に保つことも大事です。
肺炎の予防としては、肺炎球菌ワクチンの接種が有効です。
インフルエンザワクチンと併用して接種することで、入院・死亡率をさらに軽減すると報告されています。

肺炎球菌ワクチンの接種が望ましい方
  • 高齢者(65歳以上の方)
  • 心臓や呼吸器に慢性疾患のある方
  • 腎不全や肝機能障害のある方
  • 糖尿病の方
ワクチン接種の留意点
  • 効果が現れるまで、1ヶ月ほどかかります。
  • インフルエンザ接種後に接種を希望される場合は、1週間以上の間隔をあけてください。
  • ワクチンの効果は、約5年間持続します。(5年後再接種できます)