メイン画像

  • TOP
  • ご挨拶
  • 診療案内
  • 検査案内
  • 理学療法
  • 病気の話

子宮頸がんワクチン

子宮頸がんワクチンのご案内(10代からの女性対象)

子宮頸がんとは

子宮頸部(子宮の入り口付近)にできるがんで、HPVというウイルスの感染が原因です。
20~30代で急増し、日本では1日に約10人が子宮頸がんで亡くなっています。

初期には、自覚症状がないため、健診で見つかることも少なくありません。
ごく初期に見つかれば、子宮を温存することもできますが、
進行してしまうと、子宮摘出などの手術により、妊娠や出産に影響を及ぼします。

性交渉のある女性の80%は、一生に一度は発がん性HPVに感染すると言われています。
感染してもその90%以上は自然に排出されますが、一部の感染が長期間続くと、がん化すると言われています。
HPVは、一度排除されても何度でも感染するため、予防と定期的な健診が大切です。

発がん性HPVの中でも16型・18型(全体の60%)は子宮頸がんになりやすく、
20~30代の患者さまから、高い頻度で見つかっています。
このワクチンを接種することで、全体の60%を占める16型・18型は、
感染前であれば、ほぼ100%の確率で防ぐことができます。

接種方法
  • 十分な効果を得るために3回の接種が必要です(初回→1ヶ月後→6ヶ月後)。
  • 予防効果は20年間続くことが確認されています。
  • 接種対象者10歳からの女性。