メイン画像

  • TOP
  • ご挨拶
  • 診療案内
  • 検査案内
  • 理学療法
  • 病気の話

検査の種類

エコー(超音波画像診断検査)

頚動脈エコー 動脈の壁の状態を観察する検査です。 頸動脈を観察して大きな異常が見られるということは、 その他の動脈にも異常がある可能性が高いということです。
  • 超音波装置
  • 頚動脈エコー
心臓エコー 収縮と拡張を繰り返す心臓の動きをモニター画面を通じて診ることにより、 心房、心室、中隔、弁などの動きや形態などの異常があるかどうかを見ることができます。
  • 心臓エコーA
  • 心臓エコーB
腹部エコー 肝臓、胆のう、膵臓、脾臓、腎臓、大動脈などをリアルタイムで観察できます。 人体に無害な超音波を使っての検査です。 X線を使わないので、妊娠の可能性がある方でも受けられます。
  • 腹部エコー(胆石)
  • 腹部エコー(脂肪肝)

CT(コンピュータ断層撮影)

頭部CT 頭痛やめまいなどの補助診断に。 脳腫瘍、脳梗塞、脳出血の病変や再発などの診断に。 頭部外傷の際の診断の補助に。
  • CT装置
  • 多発脳梗塞
  • 脳出血
胸部・腹部CT 肺炎、肺がん、肝腫瘍、肝硬変、胆のう炎、胆のう結石、膵炎、膵癌、腎結石、腎癌、尿管結石、卵巣腫瘍など、あげればきりがないほどの疾患の診断に役立ちます。
単純レントゲン検査で骨折か否か判断に迷う時や、椎体の圧迫骨折や椎間板の狭窄、ヘルニアの診断などにも有効です。
以前のCTに比べ、検査時間も短縮され、より高精度な画像を撮影できます。
三次元画像も簡単に作成でき、患者さんから見ても、簡単にわかりやすく説明できるのも大きな特徴です。
  • 肺腫瘍
  • 肝腫瘍
  • 膵石灰化
  • 肺気腫
  • 体脂肪
造影CT 造影CT検査は、造影剤を静脈内に注入した後に撮影する検査方法で、脳腫瘍や肺がん、肝がん、腎がん、膵がん、子宮がんなどの腫瘍や、血管腫などの血管異常の鑑別・診断などに有効な検査です。
(ごく稀に、造影剤に対してアレルギー反応を起こす方もいらっしゃいますが、万全な対策の上検査に臨んでおります)
  • 頭部血管造影
  • 腹部造影

レントゲン撮影(デジタルX線システム)

骨折の有無や変形、肺炎や心臓疾患など、さまざまな病気の診断に利用します。

動脈硬化検査

仰向けの状態で、両腕・両足首の血圧を測定し、血流速度を解析することで、血管の狭窄やつまり具合(動脈硬化の程度)を間接的にみる検査です。
動脈硬化は、基本的には自覚症状のない血管変化ですが、放っておくと、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞、動脈閉塞症などの血管障害に進展する危険因子でもあります。
痛みを伴うこともなく簡単に行える検査です。
自分の血管年齢を知って、動脈硬化を予防しましょう。総合的に、血管年齢を診断いたします。

心電図

健康診断などにも用いられる、一般的な12誘導の心臓検査です。
必要に応じてホルター心電図(24時間心電計)を装着してもらい、より詳しい検査をいたします。

骨量測定

当院では、手の骨によるX線骨密度測定法で検査を施行しています。
測定時間は一分程度で済みます。
繰り返し測定することにより、治療効果を時系列でみることができます。

  • 検査は基本的に、予約なしで受けられ、その場で結果をお話しできます。
  • 前回のデータがあれば、簡単に比較できますので、より詳しい診断がおこなえます。
  • 異常があれば、フィルムをコピーし、紹介状とともに他医院へ紹介いたします。